スマートウォッチの可能性


▼ページ最下部
001 2017/04/19(水) 19:54:46 ID:wENXikSrEI
スイス製腕時計の市場は、このうえなく幸せな“異世界”であり続けてきた。
この摩訶不思議な場所では、人々は万年カレンダーという複雑な機能の観想的な美しさを称え、
実際には正確な時を刻まない機械仕掛けの時計に喜んで数百万円、数千万円出すのだった。
ルネサンス時代に生まれたこの異世界は、ゆっくりと変化を遂げてきたが、現在でも伝統や歴史、不変性のすべてが重視されている。

しかし、その世界が壊れ始めた。
腕時計業界が、急激な衰退をみせているのだ。
きっかけは、時間を確認するだけならスマートフォンで十分間に合うという事実に人々が気づいたことだった。
アップルは2016年、世界第2位の腕時計メーカーになったことを大々的に公表した。
その一方で、スイス製腕時計の輸出は2016年前半、16.1パーセント減という過去最悪の急降下を記録している。
http://wired.jp/2017/04/18/even-switzerland-obsessed-smartwatches-now/

返信する


▲ページ最上部

ログサイズ:9 KB 有効レス数:26 削除レス数:





時計掲示板に戻る 全部 次100 最新50

スレッドタイトル:スマートウォッチの可能性

レス投稿

未ログイン (ログイン

↑画像ファイル(jpg,gif,png)